2019年11月4日月曜日

「第28回 きもの通のキモノ・リサイクル展」のお知らせ

キモノを着はじめました、とか、これから着たいんです、という方々の声をよく聞きます。着物を愛するたくさんの方のご協力で、数々のすばらしいものが集まります。
キモノに興味をお持ちの方は、お気軽にぜひ一度お出かけください。

会期 11月16日(土)〜11月29日(金) 会期中の11月20日(水)、27日(水)は定休日となります。

「第28回 きもの通のキモノ・リサイクル展」の詳細は、こちらでご確認ください。

2019年10月12日土曜日

「真砂三千代 冬の衣展」開催のお知らせ

冬はお洒落な布使いを楽しめる季節、温かいウール・リバーシブルのジャケット、カシミヤのコートやニットカーデガン、シルクのフォーマルなブラウスとスカー トなど、今年の冬のAfaは優しい着心地の衣をご用意しました。

会期中の10月21(月)〜22日(火)は、Afaスタッフ在廊しております。ご注文もお受けいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

会期 10月21日(月)〜11月2日(土) 会期中の10月23日(水)、30日(水)は定休日となります。

「真砂三千代 冬の衣展」の詳細は、こちらでご確認ください。

2019年9月28日土曜日

「小山憲市紬織展」開催のお知らせ

胡桃、栗、柳、刈安、茜など自然の力を借りながら、縦横の糸が紡ぎだす無限の世界
を深めています。
嬉しいことに上田の地でかつてのように養蚕を始めた方々がいます。今回はその繭か
らとった生糸を縦糸に使った、光沢のあるしなやかな紬をご覧いただきます。
その面白さを、皆様に手に取って見ていただきたいと思います。どうぞ、お気軽にお
出掛けください。

会期 10月10日(木)〜10月17日(木) 会期中の10月16日(水)は営業します。

「小山憲市紬織展」の詳細は、こちらでご確認ください。

2019年9月19日木曜日

「クラシック・ジュエリー展」開催のお知らせ

ミラノの「ジャンマリア・ブチェラッ ティ」の工房で仕事をしていらした阿部カオ里さんと、毎年個展を開催していただいた大野由紀子さんのお二人にご出品いただき、新しく繊細な彫りの仕事を中 心になさっている、松元みつこさんにもご参加いただきます。

今回は、大野由紀子さん、阿部カオ里さん、松元みつこさん、阿部素尚さん4名と、特別出品として、さまざまな歴史を刻むアンティークビーズと繊細な金細工を組み合わせた片桐光治さん(リムル)の仕事を見ていただきます。

会期初日の21日(土)には、作家も在廊しております。特別なジュエリーのご注文、お手持ちのリフォームなど、ご相談をお受けしますので、お気軽に、お出掛けください。

会期 9月21日(土)〜10月5日(土) 9月25日(水)、10月2日(水)は定休日となります。

「クラシック・ジュエリー展」の詳細は、こちらでご確認ください。

2019年8月13日火曜日

「アジアの風〜 布と衣展」開催のお知らせ

Sind原口良子の柿渋染、板締、段染などで染めたインドの手織布や、インド伝統布のドゥピオンシルクやピンタックをポイントにしたデザインの秋冬のジャ ケット、チュニックが新鮮です。木版や手描きの更紗や刺繍の帯、インドの布で作った帯、ストールや山葡萄の籠など、アジアの布と染織りの楽しさもご覧いただきます。

出品作家
Sind 原口良子(東京都):ブラウス・ワンピース・パンツ・ジャケット・スカート 他
凛(会津若松):アジアの布を使った帯・小物・籠 他

どうぞお出掛けください。

会期 9月5日(木)〜9月16日(月・祝) 9月 11日(水)は定休日となります。

「アジアの風〜 布と衣展」の詳細は、こちらでご確認ください。

2019年7月30日火曜日

「第9回 N-ART展 2019」開催のお知らせ

今年のN-ART展は、版画作家を二人お迎えしました。活躍中の田嶋健さんと更級真梨子さんです。見る人に、笑顔とエネルギーを与えてくれるような作品です。今回は、「とがびアートプロジェクト」など、学校を美術館にと作家の協力のもと、中学生による中学校での美術展開催に情熱を傾けた、故中平千尋先生の仕事の一部をご紹介したいと思います。

会期3日目の8月4日(日)の14:00〜15:30に、信濃毎日新聞編集委員/美術担当者の植草学さんをゲストに向かえ、ギャラリートークを開催します。お気軽にご参加ください。ギャラリートーク後の、16時からはオープニングパーティーも開催します。

会期 8月2日(金)〜8月16日(金) 8月 7日(水)・14日(水)は定休日となります。

「第9回 N-ART展 2019」の詳細は、こちらでご確認ください。

2019年6月21日金曜日

「旅するような暮らし展〜陶・ガラス・木・錫・ステンドグラス〜」のお知らせ

あなたの暮らし、何かひとつを変えてみませんか? 織部の小皿、優しい灯り、座り心地のいい椅子・・・日々を旅するように暮らしたい。

出品作家
大須賀 昭彦・和子(ステンドグラス/松川村)・川口 清樹(木工/長野市戸隠)・ガラス工房 橙(ガラス/東御町)・角居 康宏(錫/長野市)・小山 智徳(陶器・織部/長野市戸隠)・福西 雅之(陶器・染付/岡山県津山市)・森 章子(陶器/上田市)・阿部 春弥(陶器/上田市)

会期3日目の7月13日(土)14:30〜15:30 Hikaruさんによる焼き菓子で、午後のお茶会「旅するような暮らし〜午後のお茶会〜」(会費/1,000円 [定員10名])が開催されます。お気軽にご参加ください。

会期 7月11日(木)〜7月23日(火) 7月 17日(水)・18日(木)は定休日となります。

「旅するような暮らし展〜陶・ガラス・木・錫・ステンドグラス〜」の詳細は、こちらでご確認ください。