2019年1月18日金曜日

「ぬくもりの布とステンドグラスの灯り展」のお知らせ

シンプルでモダンなこころ癒されるステンドグラスの灯りに、自然のめぐみをいっぱい受けて紡がれた糸や布が、冬の寒さに温もりを運んでくれます。温かなステンドグラスの灯りは暮らしを演出し、時々のこころを包んでくれます。
善光寺灯明まつりのごついでにお出かけください。

会期 2月1日(金)〜2月15日(金) 2月 6日(水)・13日(水)は定休日となります。

「ぬくもりの布とステンドグラスの灯り展 真木テキスタイルスタジオ+大須賀 昭彦・和子」の詳細は、こちらでご確認ください。

2019年1月8日火曜日

ガレリア表参道の開店時間が変わりました。

ガレリア表参道の開店時間を、本年1月の営業よりAM10:00からAM11:00へ、1時間遅い時間に変更させていただきました。閉店時間は今までどおり、PM6:00で変わりません。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

2018年12月25日火曜日

「和で迎える・お正月展」のお知らせ

お正月はひとつの節目として、皆様も何か特別な思いでお迎えのことと思います。
ガレリア表参道は、ワクワクしていただける企画を心がけますので、どうぞお気軽にお出掛けください。

出品作家
生駒暉夫(手描き友禅/東京都)、早水幸子(日本刺繍/安曇野市)

1月12日の14時から16時まで、ゆる茶会 初釜があります、ゆるりとお出掛けください。

会期 1月10日(木)〜1月22日(火) 1月 16日(水)は定休日となります。

「和で迎える・お正月展 生駒暉夫・早水幸子~こだわりの帯を選ぶ~」の詳細は、こちらでご確認ください。

2018年11月22日木曜日

「冬のプレゼント展~贈りたいもの・贈られたいもの~」のお知らせ

毎年恒例の冬のクリスマス展です。大切な方へのありがとうの気持ちをこめて・・・、今年も頑張ったご自分へのご褒美に・・・、心ときめく上質な贈り物を集めました。

出品作家
ヴァグリエ 子安一子(バッグ)、Life afa 真砂三千代(オーガニックのウエア)、松本久子(パール)、ゑくらどうる(和装小物)、八幡はるみ(テキスタイル・バッグ)、福西雅之(染付の器)、関根正文(銀錫の器・干支)、伊集院真理子(土鍋ほか)、池田ひろこ(ガラス)、ガラス工房 橙(ガラス・干支)、山麓アトリエ(干支・燭台)

会期 12月6日(木)〜12月24日(月・祝) 12月 12日(水)・19日(水)は定休日となります。

「冬のプレゼント展~贈りたいもの・贈られたいもの~」の詳細は、こちらでご確認ください。

2018年11月4日日曜日

「第26回 きもの通のキモノ・リサイクル展」のお知らせ

たくさんの方のご協力で、毎回不思議なくらいすばらしいキモノや帯が集まります。「これからキモノを着たい方」、「キモノに夢中な方」、「キモノ通の方々」のためのリサイクル展です。

お気軽にぜひ一度お出かけください。キモノの仕立て直しなどのご相談もお受けできる範囲で承りますので、どうぞお申し出ください。

会期 11月17日(土)〜11月27日(火) 11月21日(水)は定休日となります。

「第26回 きもの通の キモノ・リサイクル展」の詳細は、こちらでご確認ください。

2018年10月29日月曜日

「現代 ガラス・アート 33人展」のお知らせ

今回、この展覧会でフォーカスした「酸素バーナーワーク」技法は、過去の革命的な発展に匹敵するほどの内容を含んでいるものと考えます。参加作家のうち 約25名はバーナーワーク(パイレックス)で作品を制作しています。また、宙吹き、ステンドグラス、キルンワークなど多岐にわたり、ガラス工芸の技法には とらわれない様々な新しい表現の作品が一覧できます。

イベント情報
会期初日の、11月2日(金)の12:30〜18:00に、バーナーワークのデモンストレーションがあります。Part 1(12:30〜14:00)は、清水透+宮本夏で、「昆虫製作の技術の紹介」を、Part 2(14:30〜16:00)は、齊藤直+樫田睦で、「スカルプチャーとストリンガーワークよるコラボ」を、Part 3(16:30〜18:00)は、新野恭平+寺島美弥が行います。
同日の18:00〜19:30には、オープニング・パーティーもあります。善光寺代本願雅楽会の演奏もありますので、お気軽にお出掛けください。

会期 11月2日(金)〜11月11日(日) 11月7日(水)は定休日となります。
今会期の初日となる、11月2日(金)は正午12時からのオープンとなります。

「現代 ガラス・アート 33人展」の詳細は、こちらでご確認ください。

2018年9月28日金曜日

「Afa+lifeafa 真砂三千代 秋冬の衣展」のお知らせ

今年のAfaは、個性ゆたかな布たちでつくる、シルクのブラウス、ウールのパンツ、ジャケット、コート、そしてカシミヤのニットなどを揃えました。布の風合いや優しい感触、Lifeafaとの軽やかなコーディネートで秋冬の装いをお楽しみいただけたらと思います。

10月12日(金)は、作家の真砂三千代さんが在廊しています。
作家在廊日にはご注文もお受けいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

会期 10月12日(金)〜10月23日(火) 10月17日(水)は定休日となります。

「Afa+lifeafa 真砂三千代 秋冬の衣展」の詳細は、こちらでご確認ください。